声優養成所の情報が満載!

ここでは、実際に声優養成所に入所した後にどのような生活を送るのかを紹介したいと思います。
あくまで一般的な例であり、みんながこのようになるとは限りませんが、1つのパターンとして参考にしていただけたら幸いです。
基本的にはアルバイトをしながら週に2回ほどのレッスンを行うパターンが多いようです。
いわゆる下積みと言うものですね。
それで学んだことから仕事をこなせる一人前になる流れが王道と言えるのではないでしょうか。

声優養成所にいる間の生活の流れ

声優養成所にいる間の生活の流れ 地方出身者と、都心で生活している人が声優になるためには大きな違いがあります。
まずは、都心暮らしであればオーデションの数が多いのでチャンスに恵まれる利点があります。
実家暮らしは、生活費をある程度抑えることができるので、同じように働いても自分の手元に残るお金が多く、声優養成所に入所しやすいということがあるのではないでしょうか。
さらには、身近に芸能界に関わる仕事をしている人がおり、多くの情報交換することができるため、都会暮らしのメリットを挙げればキリがありません。
地方出身者は、引っ越しをして住まいを確保しアルバイトをしながら声優養成所に通ってレッスンを受ける生活の流れになりますが、そこまでしてでもなりたいと言うハングリー精神があるので、成長が著しいのも事実です。

声優養成所で活用できる生活の中での練習方法とは

声優養成所で活用できる生活の中での練習方法とは 声優というのは声だけで登場人物の感情や動作を表現しなければいけないため、その表現方法は体の動きや顔の表情、全体的な雰囲気で表現できる俳優などよりも難しいと言えます。
声だけで相手に感情を伝えるためには普通の演技力も必要になりますが、それよりもその質を高めることを基本として徹底して行わなければいけません。
質というのは聞いている相手がはっきりと何を言っているのか認識できることであり、一般の人は独自の癖が入ったり饒舌に話せなくて不明瞭な部分が出たりしますが、声優という仕事をするのであればそれは絶対にあってはいけないことです。
そのために声優養成所では聞き取りやすい発声を取得するための基本練習が繰り返して行われますが、本気でその仕事に就きたいのであれば生活の中でも練習を繰り返す必要があります。
生活の中でも発声する場面はいくらでもあり、まずそこで一語一句をきちんと出せるように意識してみましょう。
生活の中でそのような場はいくらでもあるので、その状態から言葉を発する意識を高めていけば、仕事で声を出す場面になっても自然に出すことを意識して行えるようになります。
プロの声優の人はただ台本を読んでいるだけでなく、その世界観や人物になりきり、この状況でこの人物なら何を思っているかというところまで考えて声をあてています。
プロでもそこまでしているのですから、これからその仕事に就きたいのであれば、まずは意識して声を出せるように訓練をしていきましょう。

声優養成所に関する情報リンク

現場で活きる指導の声優養成所